キュービットセキュリティ、サーバーにアクセスするハッカーの監視…モバイルですぐに対処も可能

クラウドベースのセキュリティサービスのコスト安く、管理も容易に

企業がハッキングされたという事実を自らのかまでの平均205日かかる。これまで数百万人の個人情報が流出されることもある。
ゲーム会社で働いていた新スンミンキュービットセキュリティ代表(写真)も、会社のサービスがハッキングされた経験をした後、
「ハッキングの事実をより早く知っていた経済的損失を最小限に抑えることができた」と考えた。

新代表が10年間通っていた会社を整理して立てたキュービットセキュリティログをリアルタイムで分析し、ハッキング危険度を知らせる
クラウドベースの情報セキュリティサービスを提供する。
「挑戦! K-スタートアップ2016」キングオブキング戦で、国防部長官賞を受けた。

キュービットセキュリティの情報セキュリティサービス」プルーラ(PLURA)」は、ハッカーがサーバーにアクセスしたかどうかをリアルタイムに監視するプログラムである。
新代表は、「私たちが文字を書くときも、自分の携帯電話で相手の携帯電話に直接送信されるのではなく、中間サーバーに
その内容を保存している」とし「このサーバーがハッキングされたら、ダイアログの内容がリアルタイムで監視されている」と述べた。
フルーというサーバーへのアクセスを監視し、管理する。

フルーという新種ハッキング手法と変形された攻撃にも迅速に対応することが可能になります。
新代表は、「既存のハッキング防止ソリューションは、マルウェアのデータベース(DB)を作っておいて、このデータベースに対応する
マルウェアを検出する方法」と「脆弱性を見つけようと、長い時間サーバーを注視するハッカーを防ぐには限界がある」と述べた。

サービスのセキュリティに投資するほどの資金事情がよくないセキュリティの専門家が別にない中小企業でも簡単に使用できるようになりました。
新代表は、「サーバーのすべてのログデータを収集し、検索、分析した後見やすく視覚化して示している」とし、「モバイルアプリ(アプリケーション)を
活用すれば、いつでも、どこでも見ることができる」と説明した。
ログを初めて見る人も利用でき、セキュリティの専門家ではなく、一般的な中小企業の従業員でも簡単にセキュリティ管理を行うことができるという説明だ。

新代表はプルーラサービスを開発するときに、サーバーを直接置かず、クラウドベースの開発コストを下げた。
彼は「国産、外国製の競合製品に比べて100倍以上安い」と強調した。
フルーという緊急時の疑いIPの接続をすぐに遮断することができる機能もある。
モバイルでいつでも、どこでもサポートされるので、緊急にすぐに対処することができ、効率的である。

キュービットセキュリティは今年3億〜5億ウォンの売上目標を持っている。来年には50億ウォンまで期待している。
新代表は、「スタートアップブランドの認知度を作成する過程で、困難を経験する」とし「昨年「挑戦! Kスタートアップ」大会で
会社の多く知らせることができて参考になった」と話した。彼は「近い日本や東南アジアに進出して成果を出すことを
はじめにグローバル企業に成長したい」と強調した。

[出処]韓国経済、http://news.hankyung.com/article/2017071223821

2018-06-18T09:46:31+00:00