[大田=ニューシス]ギムヤンス記者=プロジェクト参加者は、2017年第1四半期のベンチャー創業革新調達商品を選定してベンチャー国ヌリ家(http://venture.g2b.go.kr)を介して公開した18日、明らかにした。
今回ベンチャー創業革新調達商品に指定された製品は、空気質管理システム、多目的産業用ドローン、タバコの煙ゴミ処理など78社の91製品で、PPSは、選定された製品をベンチャー国に商品として登録する方針だ。
ベンチャー国は、優れたベンチャー・創業企業の公共購入販路拡大のために、PPSから構築・運営しているベンチャー及び創業企業の専用オンライン商品モールで、昨年10月に開通した。
登録対象は、産業通商資源部、中小企業庁、創造的な経済イノベーションセンターなど関係機関が推薦したベンチャー・創業企業の製品の中で、PPSの審査を経て選ばれた企業の物品とサービスだ。
プロジェクト参加者は、今年第1四半期の商品選定のために、2月27日から先月24日まで関係機関の推薦を受けて書類の検討、技術・品質評価、購買業務審議会などを経て、調達商品を最終選定した。
今回ベンチャー国に商品登録されているベンチャー創業革新調達商品は、指定書と認証マークが付与されて国、自治体、公共機関から優先購入特典が与えられる。
また、政府調達の入札及び契約に必要な入札参加資格登録、支払い、検査検収依頼方法などの体系的教育も行われて、様々な展示会、説明会などを通じた販促活動支援も受けることになる。
ジョンヤンホ調達庁長は、「四半期ごとの登録対象製品を追加選定して取引商品を多様化し、多くの企業が参加できるようにする」とし「これからはお勧め関連機関に広域自治体も含めて優れた地域のベンチャー・創業企業が広く発掘されると期待される」と述べた。
[出処]中央日報、http://news.joins.com/article/21488455

2018-06-18T09:51:02+00:00