[インタビュー]

 

記者団:学生が「キュービットセキュリティ」という会社について分かりやすく説明してください。
社長:ビッグデータ分析を通じたログ分析情報セキュリティクラウドサービスを提供するIT企業です。
記者団:会社内の特別な福祉制度がありますか?
社長:私はコーヒーをとても好きです。会社内の特別な福祉制度と言う円恥ずかしい会社員たちの健康のためにインスタントコーヒーを食べずに直接コーヒーを下げて食べることができるようにしました。
健康が優先だと思います。
記者団:社内の雰囲気がどうですか?
社長:来てご覧かどうましたか?とても良いように見える、また私たちは、特別な名前を英語名で呼ばれる会社の規定があります。韓国語には敬語があり、英語では、敬語がないでしょう。
もう少し平等に会社を運営したいという気持ちで社員を各自の英語名で言っている。
記者団:私たちの学校とはどのように協力しているグァンギェイですか?
社長:私はもともとコンピュータメディア融合ハクハクと教授に仕事をしましたね。その時から嘉泉大と協力関係が始まったことガトグヨ。学生とは着実に交流していたことだし、現場実習をしてきた友人もいたが、実際嘉泉大学の卒業生が当社で仕事をしている場合もあります。
記者団:現場実習をとなると、主に何をしますか
(現在、夏季現場実習を進めているコンピュータ工学科3年生***学生が答えました。)
***学生:本当に勉強熱心でした。 1学期中の学校で学んだことよりも、休暇中に会社から学んだのより多くの程度要する。代表様がセキュリティ用語について調べてみろとそれについて調査し、ドキュメントの操作して検査担当し、また、会社内で運営しているブログがあり、そのブログ投稿もして、ローンチするプログラムがあれば、テストする作業もしましたね。休暇中は本当に貴重な経験したし、たくさん勉強しました。
記者団:人生の先輩として、学生に必ずくださる言葉はありますか?
社長:勉強してください!この一言は本当に必ずしてくれたいですね。すさまじく勉強したらいいですね。
自分がアンマトヌンダ。と考える前に勉強を一生懸命してみたらいいですね。
他の資格とか、コンペとかスペック積むにこだわるのは良くない。
自分の好きな勉強をして好きなものを作って競争に出るんだコンペに出て賞を受賞するために勉強するのはよくない!生徒に必ずあげたい言葉は勉強をされた場合と思います。
記者団:会社に入社することになる友人がどのように勉強したらかどうか?
社長:どうもセキュリティ関連の基礎知識はあったらいいですね。会社では、完璧な新入社員を望んでいないし、期待感が大きくない。しかしながら、セキュリティ関連の基礎知識だけあったら良いし、率直たら良いし、情熱があっ思います。これ現場実習を支援する学生も同じです!
記者団:コンピューター工学科の学生に最後に言いたいことは?
社長:さっきも言ったように勉強熱心です!後悔ないほど。そして本たくさん読んたらいいですね。
特に、お勧めしてあげたい本は「論語」に必ずお読みみろしたいですね。小説本、自己啓発書のような本は読んでいない場合です。 「論語」必ずお読みください!
記者団:代表様」キュービットセキュリティ」とは?
社長:今現在、第頭の中を満たしたすべて。会社の代表であれば、全く同じ考えでしょうか?
家族を除いて最初に考えている部分ですからね。

[出処]カチョン大学ソフトウェア事業団|投稿者企業探訪記者団キム・ヒヨン、イダウン学生[/ fusion_builder_column] [/ fusion_builder_row] [/ fusion_builder_container]